統合失調症

統合失調症の原因、3つの仮説とは?実際に検証【結論:原因なんてどうでもいい】

疑問ちゃん
統合失調症ってなんでなるの? 原因を知りたい。

こんにちは!統合失調症イラストレーターのNON(@non_artoffice)です。
わたしは8年前に統合失調症になりました。

統合失調症になったわたしの、発症から回復までの記録を公開【前編】

続きを見る

はじめに、統合失調症の明らかな原因はわかっていません。

しかし、徐々にですが、統合失調症がどのように起こるのか解明されつつあります。

ですので、今回は3つの仮説をもとに、わたし自身はどうだったかを検証していきたいと思います。

この記事を読む人

統合失調症の原因が知りたい

統合失調症の理解を深めたい

【仮説1】ドーパミン過剰

まず、脳の代表的な脳内神経伝達物質についてお話しします。

ドーパミン

感情の動きや、認知機能に深い関わりを持っている

アセチルコリン

知的活動、特に記憶と大きな関わりを持っている。
アルツハイマーの人は脳内のアセチルコリンが低下している

ノルアドレナリン

感情、特に不安や恐れと関わりを持つとされている

セロトニン

この神経伝達物質が低下すると感情、食欲、性欲、睡眠などに変調が現れる

ギャバ

不安と関わりがあると考えられている

陽性症状はこの、ドーパミンの過剰によって幻聴、幻覚などが誘発されるのではないかと考えられています。

わたし自身、3日間ほど興奮した状態が続いていました。
感情は陽気で、とても楽しい感じで、眠れませんでした。

【仮説2】脳の形態の変化

統合失調症の人の一部には、脳室の拡大、側面内側の縮小、細胞構築n変化など、脳の形態的変化が見られるらしいです。

実は、あまり関係ないのかもしれませんが、統合失調症の薬のせいなのか、脳がギューとなる感覚があったのを覚えています。

とても頻繁に起こっていたのですが、薬のせいかも知れません。

いずれにせよ、今はその感覚は全く起きません。

【仮説3】ストレス脆弱性

胎児期に母体が感染病にかかったり、栄養障害などがあった場合や遺伝的要素を持ってる人では、ストレスに対する脳の過剰反応が起こる(ストレス脆弱性)らしいです。

統合失調症になった事の1番の疑問がこれで、わたしは、ストレスは当時ほとんど感じてませんでした。

全く無かったかというと、そんなことはないのですが、このストレスが原因なら、もっと起きるタイミングは別であったような気持ちです。

病院でも、「ストレスのコップが人よりも小さく、溢れやすい」と言われたのですが、ストレスについては正直疑問です。

原因より病気を受け入れることが大切

今回ご紹介した原因は、今言われている仮説に過ぎません。
ですが、経験した上で、ドーパミンの過剰と、脳の変形はなんとなく頷けます。

ストレスが1番よく言われてますが、わたしの場合は先ほどもお伝えした通り、ストレスはあまり感じず、人生においても順調に行っている時でした。

原因は、解明されていない中で、わたしが大切だと思うことは、統合失調症の原因も気になるところですが、結果として統合失調症になった現実を受け止め、どう付き合っていくかを考えることだと思っています。

回復期に入ってすぐは、副作用で色んな事が不便に感じられますが、慣れてくるのも事実です。

焦らずに、自分が出来ることを見つけてみましょう。

統合失調症になって思うことは、統合失調症なわたしは、ほんの一部に過ぎないということです

だから病気のせいにして、意欲的に慣れなかったり、自分はもう、ダメなんだと思うのは、とても、もったいないです。

わたし自身、自分の良いところを、積極的に見つけていくことで、

「自分はこんなこともできる」
「あんなこともできる」

と自信を持つことができるようになりました。

「ゆっくり、のんびり、自分のペース」が大切です。

原因は何にせよ、わたしは自分が統合失調症になったことは「不便」ではありますが、「不幸」ではないと確信しています。

統合失調症の回復期に自宅で勉強して仕事にするオススメ4つとは?!

続きを見る

統合失調症での悩み、お話しませんか?

統合失調症の悩みは数多くあります。

統合失調症の方、統合失調症患者のご家族の方、今抱えている不安を直接、聞かせていただけませんか?

電話はいつでも大丈夫です。

  • 不安になったとき
  • 誰かに相談したくなった時

いつでもお待ちしています。

電話する

 

誰かとちょっと喋りたい方、気軽にお話しませんか?

続きを見る

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-統合失調症
-,

© 2020 non blog Powered by AFFINGER5