生活•マインド

統合失調症になったわたしの、発症から回復までの記録を公開【後編】

こんにちは!前回は【前編】としての記事を書きましたので今回は後編になります。

前編を読まれていない方は前編から読んでいただけると幸いです。

今回も長くなりますので、時間がある時に、お菓子でも食べながら読んでみてください。

わたしが統合失調症?!発症から回復までの記録を公開【前編】

ずっと側で守ってくれた家族

わたしが、統合失調症になったことで、お母さん、お父さん、また弟に、にどれくらい心配させたかは計りしれません。

東京の病院に居る時も、わたしの住んでいるマンションの退去、手続き、また裁判など、京都から東京まで、週に3回くらい来てくれてました。

当時は、自分のことでいっぱいでわからなかったけれど、京都から東京まで1人でも往復3万です。

それを家族3人、週3回で1ヶ月何十万もかけて、ずっとわたしの身の回りの整理をしてくれました。

また、裁判が終わり、東京から、京都まで帰る時、わたしは電車も乗れませんでした。

乗ったら興奮してしまう。
だから、わたし達家族は、タクシーを使って帰ったんです。

わたしの家は、決して裕福な家庭ではありません。
だから、この時の家の金銭状況は最悪だったと思います。

お金だけでは、ありません。

統合失調中のわたしは、新しい病院に入院してからも、お父さん、お母さん、弟の面会が楽しみで仕方ありませんでした。

お父さんとお母さんは、必死に朝から晩まで仕事して、休みの日はわたしの面会に1時間かけて、来てくれていました。

そして、わたしの目を見て、ずっと、「大丈夫」と言ってくれました。

どれだけ、心苦しかったでしょう?

わたしはお父さんとお母さん、弟が面会に来てくれるととても心が安らぐんです。

病気になったのは、あなたが悪いからではありません。

そして、お父さん、お母さんに何か問題があったからでもありません。

だから、今病気になっている、お休み期間中のあなたが出来る親孝行はゆっくり休むことなんですよ。

そして、お母さん、お父さん、安心してください。

あなたの息子さん、娘さんは大丈夫です。

だって、このブログに辿りつくくらい、子供の事を心配し、病気を理解しようとしてくれるご両親なんですから、お母さん、お父さんもゆっくり休んでください。

絶対に大丈夫です。

何も出来ない私にも沢山の友達がいた

面会は出来なかったけれど、新しく入院した病院に皆が来てくれたことを後から知りました。

そして、退院してすぐのバーベキューは、わたしはよそよそしいと感じていたけど、皆いつも通りに過ごす中で、

「NONちゃん、薬の時間やで」

と、ちゃんと、病気の事を理解してくれようとしてくれました。

昔のわたしは、「必要とされる人間でないといけない」と思い込んでて、

「お金もちになる」
「皆で幸せになる」

と思っていたけれど、お金持ちにならなくても、何も出来なくても、皆はずっと、友達でした。

先日、KEIから、「6年前に、NONちゃんが病気治ったら渡そうと思ってた手紙が出てきたー」

と連絡があり6年越しの手紙を読んだのですが、

『NONちゃん、いつも皆で幸せになろなって言うやん。KEIも幸せにしたいし、お母さんも幸せにしたいって。

でもな、最近、違うことに気づいたん。「幸せになろな」ってことは、今は「幸せじゃない」ってことやん。そうじゃなくて、今すでにもう「幸せ」なんやん。

それはなんでかっていったら理由はないんやん。
NONちゃんが、どこにおろうが、病気やろが、NONちゃんがそこにおるだけで、幸せなん。
皆も、NONちゃんもな。

だから、幸せになることと、人を幸せにすることに、頑張りすぎんといてほしいん…』

といった内容の手紙でした。

涙が出ました。そうなんです。

わたしは病気だろうが、なんだろうが、皆すでに「幸せ」だったんです。

だから、病気になったから、不幸だなんて思わないでください。

不便な事は、確かにあるけれど、不幸な訳ではありません。

そんな気づきを統合失調症は教えてくれました。

症状が治ったら薬は飲まなくていい?

これについては、個人個人の意見があると思います。

わたしは、正直、薬を飲むか、飲まないかについては触れずにいようと思っていたのですが、

同じ様なお悩みの方がいればと思い、書いていきます。

よく、あまり統合失調症を理解してない人や、スピリチュアルな方に、

「薬飲んだから病気になったんやで」とか、

「気持ちの問題やから、もぅ薬飲まんでいいよ」

とか言われることがあります。

スピリチュアルが好きなわたしからすれば、そうかもしれない…と思うことも多々あります。

現に、今は、手の震えくらいでほとんど症状はないですから。

ただ、こう考えてみてほしいんです。

わたしの両親は今お医者さんをとても信頼しています。

そして、お医者さんが、言う限りは飲んで欲しいと願っています。

もう、大丈夫と思っていても、自分がここまで良くなったのは、お医者さん、家族、周りの友人のお陰です。

わたしは個人的に、お医者さんを100%信じるわけでも、スピリチュアルを100%信じるわけでもなく、

自分を信じて、

「お母さんとお父さんが、薬を飲むことによって安心するのなら、その安心材料として飲む」

と決めました。

なので、わたしは今でも毎月病院に行き、毎日薬を飲んでいます。

統合失調症4つの段階

正直、統合失調症は発症してから回復するまでよりも、退院してからの生活の方がわたしは大変だと思っています。

なぜなら、病院は医療であって、薬を使って、出過ぎているドーパミンを抑えたり、興奮を抑えることは出来ても、

本当の意味でとても、大切な心のケアは出来ないからです。

私は、心の状態を良くすることが結果的に再発につながらない要因だと思ってます。

だから退院した時に、これで統合失調症を克服したとは思えませんでした。

むしろ、これからが統合失調症との日々だと強く感じたんです。

統合失調症には4つの期間があります。

  • 前兆期
  • 急性期
  • 消耗期
  • 回復期

です。

前兆期は、眠れない、音に敏感になる、焦りの気持ち、気分の変わりやすさが見られます。

わたし自身、病院に行く前は、指示される幻聴に従って会話したり、行動して寝ることが出来ず、3日間以上寝れずにいました。

そう考えると、自律神経がおかしくなるのは、当たり前ですよね。

急性期は、興奮してしまう、幻聴や幻覚が酷くなってくる、この時点でわたしは偶然警察に行き、病院に行くことになり入院生活が始まります。

消耗期は、眠気が強い、疲れやすい、意欲がわかない、自信が持てず、不安になる…といったような症状で薬により、幻覚や幻聴が収まります。
病院のケアルームに行ったりする期間もこの時期です。

そして、この頃くらいに、仮退院になったり、退院することが多いです。

だから、退院=治った訳では無いんです。

スピリチュアルが好きな人の多くは、この時、薬について疑問を感じたりします。

なぜなら、自分の幻聴や幻覚が、霊的に感じられる事は、事実だし、わたし自身、スピリチュアルが好きなので、急性期はチャネリングと似たような事が普通に出来る感覚なので、病気という括りを自分が疑ってしまうんです。

ただわたしが伝えたいのは、前回の薬を飲むか、飲まないか…でお話ししたように、スピリチュアルに100%依存してしまう事は危険だということです。

ここでハッキリ言わせてもらいますが、

一度、統合失調症と判断されたあなたは、薬によって今、興奮状態を抑えられています。

だから、意識として、「統合失調症を治す」

というよりは、「統合失調症の自分と共に生きる」

と思ってほしいし、わたし自身はそう思って生きてます。

スピリチュアルを否定する訳ではないし、そこを理解することは、とても良い事なんですが、

依存してしまうと話しは別です。

そもそも、チャネリングする人はすごいですか?
覚醒する事はすごい事ですか?

あなたと、過去のわたしの最大の欠点を言うとしたら、

「人から聞いた事に依存し、それを信じれば救われると思っている、自分自身を信じきれていない心」

だと思います。

だから、声を大にして言いたいです。

「自分自身を信じて下さい。そして今は、薬を飲んでください。」

再発したら、今飲んでいる薬は効かなくなるのでもっと強い薬を飲まざるおえません。

それを繰り返す事はとても危険なんです。

それから回復期になります。
これくらいから、気持ち的に楽になってきます。
そして、意欲も少しづつですが、出てきます。

わたしはこれくらいの時期に、金銭的な事もあり10時から15時までの仕事に出るようになりました。

働いて痛感する統合失調症という病気

わたしが病気後、働き始めたのは、テレアポのお仕事でした。

電話でアポを取るお仕事で、仕事場には3人の従業員がいます。

そんな中、統合失調症の後遺症が顔を出してきたのです。

どんなに、やる気を持っていても、やる気が無いように見られてしまう。

従業員と会話していても、色んな言葉が入ってきて上手く理解出来ず、話がまとまらない。

そして、従業員の方から

「あなたは、感情が無いんですか?」

と怒ったように言われてしまいます。

ですが、病気の事を話した訳ではないので、何とも言えずに、とても窮屈な気持ちになりました。

ただ、それは仕事の人間関係の話しだったので、まだ良いのですが、とうとう仕事にも影響を出すことになります。

あるとき、電話で初めてアポが取れました。

そして、最初は店長とアポ先の家に向かうのですが、商品を説明する時に、全然内容がわからないのです。

記憶力の低下から、自分が話している内容が意味がわからなくなるんです。

それにビックリしている店長が、変わりに話しをしてくれました。

ただもっと困ったのはこの後です。
店長が話すことにより、契約が決まり契約書類を書く時、アポをとったのはわたしなので、名前を書かないといけません。

ですが、わたしは手がガクガク、凄い勢いで震えて字が書けなかったんです。

店長を含め、アポ先の方は、なんとも言えない表情でわたしの震える手を見つめていて、

余計に手が震えてきます。

「大丈夫ですか?」

そう言われて、「すみません…大丈夫です。」

と伝え、わたしは書けないながらにぐちゃぐちゃな字を書いてひとまず、会社に帰りました。

帰る時も、店長から

「この仕事やっていけそうですか?」

と聞かれ、わたしは他の仕事にはつけないと思っていたので、

「はい…がんばります」とだけ、答えました。

統合失調症のあなたが、回復期に入ったからといって無理に働く必要はないです。

ですが、働かざるおえない状況も凄くわかります。

だって、見た目は一般の方と変わらないから。

でも、働いてみると、自分の不甲斐なさにガッカリすることも沢山あるでしょう

職場では、周りの友人や家族と違って理解も少ないです。

ですが、自分を責めないで下さい。

あなたは、何も悪くありません。

あなたには沢山の価値があること、これからどうしていけばいいかなど、これからもこのブログで発信していきます。

無理せずに、ゆっくり、自分のペースで乗り越えていきましょう。

8年間の中で変わったこと

統合失調症になってから、約8年の時間が経っています。

1ヶ月に一度の通院もずっと続けています。
ただ、通院が続けられているのは、母のお陰で、最初の何年かは

「もう、大丈夫だから行かない」

と言い続ける私を、無理矢理、連れて行ってくれました。

そして、今日も、通院の日だったのですが、毎日飲む薬が3錠までになりました。

3錠と聞かれた方は、

「まだ3錠も毎日飲んでるの?」

と思われるかもしれませんが、

当時わたしが飲んでいた薬の数は、1日40錠です。

当然ながら、前の記事でも書いているように、手が震えたり、記憶力が低下したり、意欲があってもそう見えなかったり、沢山の副作用がありました。

すごく辛いし、嫌になるし、薬を辞めたいと思う事は自然です。

ですが、今、統合失調症になっている方で、そう思われている方がもし、いるなら、まずは今の現実を受け入れて下さい。

冷たく聞こえるかもしれませんが、それが、統合失調症と共に生きるということです。

その中で自分のメンタルを見つめ直す

統合失調症になってしまったから、「自分は周りより弱い人間だ」「劣っている」と感じていませんか?

確かに、不便な事は多くなるし、人からの目も気になるのは事実です。

ですが、本当にそうでしょうか?

実際にあなたが、統合失調症になったのは

  • 頑張りすぎた事
  • 繊細過ぎた事

が強く影響しているように感じます。

本来、とても優しく、感受性の強い、真面目な方なのでは無いでしょうか?

ですから、

「頑張ってきたあなたが今休む期間を貰えているのは当たり前」

その中で、その休む期間に、自分が本当にしたい事、誰の目も気にしなくていいなら、自分はどう在りたいか…を考えるのはオススメです。

ハッキリ言います。

「こんな自分だから…」
「わたしなんて…」

悲劇の主人公になる事は辞めましょう。

本当の意味の主人公になって、これからの人生を楽しんでいきましょう。

今が苦しい方、少しでも楽になれる方法を考えていきませんか?
どんな些細な事でも構いません。
悩んでいる事、辛い事、いつでもコメント、メッセージくださいね。

統合失調症の回復期に自宅で勉強して仕事にするオススメ4つとは?!

ブログ運営報告

2020/10/1

word Pressブログ開設3ヶ月の報告【YouTube始めました】

ワードプレスで「nonblog」を開設してから3ヶ月が過ぎましたので報告の記事を書いていきます。 8年前に統合失調症になった経験から、メンタルの大切さを実感し、文章の書き方と一緒にメンタル面のことや自身の統合失調症の記録も発信しています。 詳しくは 自己紹介ご覧ください。 ちなみに、ワードプレスブログ過去の報告の記事はこちらです。 WordPress ブログ開設1週間の報告【検索キーワード1位獲得】 WordPress ブログ開設2週間の報告【ペースが落ちた】 word Press ブログ開設3週間の報告 ...

続きを読む

未分類 統合失調症

2020/9/29

【ご報告】レミーズTVで統合失調症のインタビューを受けました!

こんにちは!統合失調症イラストレーターのNON(@non_artoffice)です。 実は、YouTubeのレミーズTVで、統合失調症のインタビューを受けたのですが、今回は、インタビューしてくださったレミーズナツミさんの紹介とYouTubeの紹介をしたいと思います。 YouTubeでは、 発症したときの様子 入院に至るまでの経緯 病院選びのポイント 服薬に対する考え方 統合失調症になってからの今の収入源 メッセージ と言った内容でインタビューしくれています。 今、統合失調症で辛い方、精神的に苦痛な方の気持 ...

続きを読む

イラストレーション 

2020/9/22

経理リーマン&web系女子!【無料】フリーダウンロード

Contents1 NONイラスト2 ダウンロードする NONイラスト 無料のフリーイラストです。 SNSアイコンや挿絵などにお使いください! 全て無料でダウンロードできます 商用利用OKです 著作権は放棄していません コメント貰えると喜びます ダウンロードする 3 ダウンロード 経理リーマン1 ファイルをダウンロード D6A207CD-ACD5-49A4-A0C4-CEE304464000.jpeg – 168 KB 3 ダウンロード 経理リーマン2 ファイルをダウンロード F8D59BD1 ...

続きを読む

統合失調症

2020/9/22

統合失調症になってしまった娘!父親の心境、「なんでうちの子が…」

こんにちは!統合失調症ブロガーのNONです。 わたしは、8年前に統合失調症になりました。 統合失調症になったわたしの、発症から回復までの記録を公開【前編】 統合失調症になったわたしの、発症から回復までの記録を公開【後編】 その中で、わたしが統合失調症になった時の、父から聞いた話を書いていきます。 Contents1 統合失調症にまさか娘がなるなんて2 なんでうちの子が…3 必ず治す4 最後に 統合失調症にまさか娘がなるなんて 夜中の2時、警察から電話があり、 「今すぐ来てください‼︎」 何事 ...

続きを読む

イラストレーション 

2020/9/18

【無料】フリー素材ダウンロード【生活シリーズ】

Contents1 NONイラスト【生活シリーズ】2 ダウンロードする3 その他のイラストを探す NONイラスト【生活シリーズ】 無料のフリーイラストです。 SNSアイコンや挿絵などにお使いください! 全て無料でダウンロードできます 商用利用OKです 著作権は放棄していません コメント貰えると喜びます ダウンロードする 2 ダウンロード 4月 ファイルをダウンロード C1EE0A8D-44D1-4860-8A3C-7ACB4A55DC22.jpeg – 262 KB 1 ダウンロード 4月 フ ...

続きを読む

-生活•マインド
-, ,

© 2020 non blog Powered by AFFINGER5