文章•ライティング

人を動かす文章の書き方!読んだ人9 割に行動させる書き方とは?

「沢山の人に伝わる文章を書くにはどうすればいいんだろう?」
「人を動かす文章の書き方が知りたい」

今回はそんな方に向けて記事を書いてます。

モグメ
自分は伝えたつもりでも全く伝わってないことってない? どんなに良い記事を書いても伝わらなければ意味がないよね。

そうなんです。

なぜそんなことが起きるのかというと、「人は何かを伝えるときに、誰に対しても同じ伝え方をしてしまいがち」だからです。

今から紹介する書き方をすれば、沢山の人に伝わり行動してもらえるようになります。

あなたの記事の価値が最大限に高まる方法なので、心して読んでみてください。

どんな人にも伝わる方法とは

先ほどもお伝えしましたが多くの方は、人は何かを伝えるときに誰にでも同じ伝え方をしてしまいがちです。

ですが、性格はそれぞれ皆ちがいますので、伝わり方も人によって違うのは考えてみれば当たり前です。

「人の伝わり方」=「人の学習の癖」

になるのですが、これを知った上で記事を書いていくと、「タイプに応じた伝え方」ができ、結果としてどんな人にも伝わる文章が書けるようになります。

「何となく理解できるけど人それぞれのタイプを調べるなんて難しそう…」

そうですよね。

しかし、人の学習タイプは4つに分けることができるんですよ。

 

「4つの学習タイプ」

人の学習タイプを4つに分けると

⑴なぜ型
⑵なに型
⑶どうやって型
⑷いますぐ型

この4パターンに分類されます。

これは、コピーライティングの文章の型でセールスレターやレビュー記事など人に伝わり行動してもらいたい場面で絶大な効果を発揮します。

この4つの学習タイプを理解し説明することが出来れば
「あらゆる対応の人に伝わり行動しようと思える文章になる」
ということです。

書き方は簡単で、この4つのタイプの疑問を順番に解決していくだけです。

注意ポイント

注意点としては、順番も
⑴なぜ型
⑵なに型
⑶どうやって型
⑷いますぐ型
の順で解決していくこと。

それだけです。

では、具体例とともにそれぞれ4つのタイプを理解していきましょう。

4つの学習タイプを理解する

⑴なぜ型タイプの人

なぜ型の人は「物事を学ぶ理由」に納得することで行動に移せる人です。

  • なぜそれを学ぶ必要があるのか
  • なぜその話を聞く必要があるのか
  • 学ぶと自分にどんなメリットがあるのか

こういったことを書いていきます。

最初に「自分が学ぶべき(読むべき)理由」を知ってもらうことで行動に移してくれます。

逆にこの「なぜ」を飛ばしていきなり本文に入ると、なぜタイプの人には読まれない文章になってしまいます。

例えば、いきなり
「これまつ毛が伸びる美容液なんですけど安くするので買ってください」

と言われても買いたくないですよね。

ですが

「このまつ毛美容液は前に発売された時に一瞬で完売した人気の美容液なんですけど、これを美容院などの他の店舗で買うと値段が3倍になるのでぜひ、今買っておくべきですよ」

と買う理由を説明されると興味を持ちますよね

「買って得する未来」「買わずに損する未来」をイメージさせることで行動を促すわけです

 

⑵なに型タイプの人

なに型の人には「具体的な内容や証拠」を説明します。

なに型の人は「理論的な人」なので「本当に?」という部分で信用させることが大切です。

そのため目先の利益やメリットではなく物事を俯瞰的に伝えるようにします。

  • 実際の事例
  • 証拠となる声
  • 愛用者の声

論理的証拠を見せてあげることで初めて信用してもらえます。

具体的には

「美容院で販売され伸びると話題になり爆発的に売れた別の商品があるんですけど、実はこの、まつ毛毛美容液は、その爆発的に売れた美容液と作っている会社が同じで成分が全く同じなんです」

なに型の人には主観的な表現ではなく、その証拠や事実を信用してもらえるまで伝えると行動に移してくれます。

 

⑶どうやって型タイプの人

名前の通り「どうやって?」に対して、やり方や手順をお伝えします。

  • 1番目ステップ
  • 2番目ステップ
  • 3番目ステップ

具体的にやるべきことを示されると行動しやすいのです。

具体的には、

「寝る前にまつ毛美容液をアイラインを引くようにまつ毛のキワになぞります。これだけです」

こんな感じで、「いつ」「なにを」「どんなふうに」と伝えることで行動する気になってもらえます。

 

⑷いますぐ型タイプの人

最後の一押しの部分です。

いますぐ型の人は「とりあえず何をしたらいいのか?」を求めてます。

具体例として

「まつ毛美容液の購入は今すぐこのリンクからお申し込みください」

こんな感じで起こす行動を伝えることで意識づけてあげれば大丈夫です。

まとめ

  • 文章に4つの学習タイプ全てを盛り込むことで、どんな人にも伝わる文章が書ける
  • 4つの学習タイプは、なぜ型、どうやって型、いますぐ型に分けられる

人に「行動してもらいたい」記事を書くときは、他のテクニックを一切気にせずにまずはとにかく「4つの学習タイプ」の型通りに文章を書くことを意識してみてください。

色々なテクニックをこれからも紹介していきますが、まずはこの型を「知っている」ではなく「実践できる」ようにしましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

-文章•ライティング
-, ,

© 2020 non blog Powered by AFFINGER5